海外向けECサイトの選び方!おすすめランキングトップ3も!【法人の経営者・担当者向け】

ECモール

EC太郎
海外進出にはどのECがいいんだろう?

上記のような疑問を持たれている方向けに、今回は海外進出における海外向けECの選び方やそのおすすめの海外向けECを紹介していきます。

今回紹介していく内容は下記の通りです。

  • 海外進出時の海外向けECの選び方
  • 海外販売サポート
  • 海外向けECサイト【モール型】
  • 海外向けECサイト【作成型】
  • まとめ

それでは見て行きましょう。
  
  
  

海外向けECの選び方

海外向けのEC選びは現在の状態によって大きく変わってきます。

選択肢としては「モール型」への出店か、「作成型」を利用するかです。

もちろん、予算に余裕があってどちらもやれるならやったほうがいいですが、そこまで手が回らないという企業も多いかと思います。

そこで、そうでない場合のために下記の二つの選び方を解説していきます。

  • 海外での知名度が低い場合
  • 海外での知名度が高い場合

それでは見ていきましょう。
  
  
  

海外での知名度が高くない場合

「日本国内では有名だが、海外ではあまり知られていない。」

そういった企業や、海外向けECからスタートしたいという企業はモール型の海外向けECを優先的に選んだほうがいいです。

理由としては企業や商品自体が知られていないため、自社の海外向けECを作成して運用するのは集客面でのハードルが高いことがあります。

「ECサイト作ったけど月のPV数が1桁しかない…」なんてことにもなりかねません。

そうならないためにも最初は知られる機会が大きいモール型の海外向けECがオススメです。

海外での知名度が高い場合

前述とは対照的に海外での知名度が既に非常に高いということであれば、自社で作成した海外向けECで展開していくのもいいでしょう。

理由としては、既に認知度が高い状態なので、単独での集客も目処が立つからです。

さらにブランディングにおいても自社の海外向けECサイトは有効なため、既に認知が大きい企業であれば商品イメージや企業イメージの向上にもつながります。

また、モール型海外向けECとの併用を行い売り上げを伸ばすケースもあり、目的に応じて活用方法も変えていくことができます。
  
  
  

海外向けECサイト【モール型】

ここからはモール型の海外向けのおすすめECサイトを3つピックアップしていきます。

商品自体の人気ももちろんですが、周辺ジャンルの人気がでるとアクセスが集まりやすくなり、大きな集客効果が出るのがこのモール型の海外向けECサイトの特徴です。

中でも特におすすめの下記3社を厳選して紹介します。

  • Neokyo
  • Amazon
  • 天猫国際

さっそく見ていきましょう。
  
  
  

Neokyo

過去の取引国数150カ国以上。

海外市場で大きな波を作りつつある越境ECモール「Neokyo」

特に日本文化に関心の大きいアメリカやヨーロッパなどで話題になっている、今最も勢いのある越境ECモールです。

消費者レビューサイト「trustpilot.com」での高い評価からも分かるように、痒いところに手が届くカスタマーサポートや、丁寧な配送サービスの充実も持ち味の一つとされています。

そんなNeokyo特徴は主に下記の3つです。

  • 日本でしか手に入れられない商品を数多く販売している
  • ニッチな分野で特徴的なモノを作っている
  • 出品企業への手厚いサポート

「日本固有の文化があり海外でもマニア向けに人気がある」
このような商品であればNeokyoでの出品で海外人気が大きく加速する可能性があります。


というのもNeokyo自体が一部に熱狂的なファンを抱えるECモールであり、ユーザーのほとんどが日本製品への興味関心が高い消費者です。

そのため、他サイトに比べて爆発力があり海外での認知度普及にも大きな影響があります。

さらにマニア向けのニッチな分野での販売実績も多種多様です。

普段日本で生活している私たちからすると「そんなものまで売れるの!?」と驚いてしまうようなモノでさえも、マニアの間では高額で流通しています。

そのためNeokyoではニッチな分野の商品も多く流通しており、売り上げ実績も豊富です。

特に今後海外進出を考えている企業であれば、各国で高評価を得るNeokyoでの出品がブランディングにおいても高い効果を発揮するでしょう。

Neokyoでは国内企業向けにも相談窓口を開いています。

Neokyoについて質問を送る。
  
  
  

Amazon

誰もが知っているECとしての世界最大手、Amazonです。

世界中で展開しており、各エリアごとにサーバーを持っている巨大企業。

商品流通量や売上高も非常に大きく、他にもEC以外にも様々なサービスを「Amazon」という名前で運営しているため認知度が非常に高いです。

しかし、そんなAmazonの最大の特徴は「物流」だと言われています。

国内でAmazonを使ったことがある人なら分かると思いますが、配達が非常に早い。

というのもAmazonは自社で物流センターや配送業社を持っており、「翌日配送」「Amazon prime加入で送料無料」など他社では真似できないようなサービスを展開しています。

海外向けECにおいて不安の付き纏う物流こそ、Amazonが選ばれる理由となっているのです。
  
  
  

天猫国際

<表> 2.9
Aribabaグループによる中国で最大シェアの海外向けECサイト「天猫国際」。

天猫国際の最大の特徴は信頼性です。

天猫国際では出店時に厳しい審査を行っており、誰でも出店が可能というわけではありません。

ですが、中国内の競合サイトとの差別化となっており、高品質な商品を求めるユーザーからの信頼が高いとされています。

世界経済において影響力の大きい中国という大きなマーケットにおいて確かな信頼を獲得することは、出店する企業のブランディングにとってもメリットが非常に大きいため、国内の企業からも注目を集めています。
  
  
  

海外向けECサイト【作成型】

ここからは作成型の海外向けのおすすめECサイトを3つピックアップしていきます。

ブランド力に自信があったり、ネームバリューやジャンル自体の高い人気がある商品であれば、非常に有利に立ち回ることができるのがこの作成型の特徴です。

中でも特におすすめの下記3社を厳選して紹介します。

  • Shopify
  • BASE
  • STORES

それでは見ていきましょう。
  
  
  

Shopify

Shopifyは世界中の約175カ国で利用され、100万店以上で使われている世界一の作成型ECプラットフォームです。

そんなshopifyは様々な特徴を多く抱えており、多くのユーザーから好評を得ています。

特徴は下記の通りです。

  • 豊富な種類のアプリの組み合わせが可能
  • SEO対策に強い
  • デザイン性が高い

shopifyではサイト構築の際に豊富な種類のアプリの中から追加したい機能を選んで取り入れることができます。

そのため、海外における翻訳機能や物流に関するサービスなどをカンタンに取り入れることができ、国内外問わず売り上げに直結するサイトを作ることが可能です。

ただしそれでも海外向けECとしての利用は難しく、海外進出の際は合わせて代行業者やコンサルティング業者などを使うケースが主流のようです。

さらにSEOについても強みの一つだと言えます。

ただしこちらに関しても海外でのSEO自体がそもそも難しいものなので国内ではフル活用できても国外では生かしきれないというケースも多くあるようです。

また、カンタンで非常に自由度の高いデザイン性も大きな特徴となっています。

デザインを自由に変更調整することで自社のサービスにあったデザインや機能を取り揃えた完全オリジナルのオンラインストアの作成が可能です。
  
  
  

BASE

BASEはネットショップを無料で開設することができる国内発のECプラットフォームです。

ECとしての特徴としては主に下記の3つです。

  • 誰でもカンタンにオンラインストアが開設できること
  • 充実した決済方法
  • BASEアプリ自体からの流入

最も大きなポイントとしては、誰でもカンタンにオンラインストアを持つことがでできるという点です。

全くの初心者であってもカンタンにショップ開設することができるというのが大きな特徴の一つとなっています。

さらに国内においてはBASEのプラットフォーム上からの流入もあります。

決済方法も充実しており、6種類もの決済方法が備わっていることなどのさまざまな特徴が備わっています。

ただし、まだまだこれからな部分も多く、課題としては認知度自体の低さやSEOの弱さなどがあります。

認知度の低さに関してお伝えすると、確かにショップを持ちたいからの認知度は国内において高いです。

しかし、「買い物がしたいという方」からの認知度が国内・国外において低いため、出店者の売り上げにはまだまだつながりにくいと言えます。

さらにSEOに関して言えばshopifyのようにサイト自体の力で検索上位に上がることは難しく、SNSやBASE内での流入を増やすような取り組みを行う必要があるでしょう。
  
  
  

STORES

STORESはBASEと同じく初心者-中級者向けの簡単にオンラインストアがサービスです。

特にBASE以上に初心者向けの要素が大きく「2分でオンラインショップが開設できる」というぐらい解説が簡単です。

しかし、誰でも簡単に解説できるということはカスタマイズ性があまり高くないということ。

この記事を読んでいる方の多くには本格的な事業として取り組む方が多いはずですので、あまりお勧めできません。

そんなSTORESも現在は海外販売機能も充実しており、海外での販売も可能となっています。

海外発送などの設定もあまり難しく、外国語設定も簡単に行うことが可能なため「まずは小さな規模で海外販売を経験してみたい」という方にはちょうどいいかもしれません。
  
  
  

まとめ|まずはモール型から

ここまで海外向けECサイトをモール型と作成型の二種類に分類して紹介してきました。

結果として、これから海外向けにEC事業を行っていくのであればやはり「モール型の海外向けECサイト」がベストな選択だと言えます。

そもそも消費者目線で見たときに、作成型とモール型では知名度に大きな差が出てしまうため、売上高の初速にも大きな影響が出ると言えるでしょう。

とはいえ、大きなモール型であればいいというわけではなく、サービスや商品によって選ぶモール型ECも変える必要があります。

自社の商品を海外展開していくには何が必要かをしっかり考えたうえで、海外向けECサイトのプラットフォームを選ぶようにしましょう。

BLESS INTERNATIONAL株式会社で現在行っている海外販売サポートでは、越境ECへの物流・多言語対応のカスタマーサポートなど、海外進出に関する全てを代行しています。

※物流や言語対応、カスタマーサポート、出店など全てが無料です。